足底筋膜炎

  • 動きはじめの一歩を踏み出すと足の裏が痛い。
  • 足の裏にズキッと電気が走るような痛みがある。
  • 歩いたり走ったりすると足の裏やかかとが痛くなってくる。
  • 長時間歩いたときや、歩き終わったあとに痛みが出る。
  • 痛いときと痛くないときがある。
  • 平らなくつを履くと痛みがでる。
  • ハイヒールなどの硬いくつを履くと痛みが強くなる。
  • 足が地面に着く瞬間または離れる瞬間に痛む。
  • 普通に歩いても痛くないが階段を下りるときに痛む。
  • ずっと立ちっぱなしでいると痛む。
  • 足の裏がしびれてくる感じがする。
  • 足の裏が熱を持っている感じがする。
  • 足の裏を押すと痛い場所がある。

※おひとりおひとり症状改善にむけて自信をもって一生懸命取り組んでおりますが、「初めてのところは不安だし心配だ…」「自分に合うかなあ…」という方もおられます。

そこで、「まずは気軽にお試しいただきたい!」という想いを込めて

思い切って毎月10名様限定の初回限定のキャンペーンを行っております。

ぜひこの機会に「根本改善整体」をお試しください。

※当日の空き状況やご予約はなるべくお電話でお問い合わせください。

症状

一言で言ってしまえば足の裏が痛くなる症状です。
足の底の筋膜が炎症を起こしている状態です。主にかかとの前あたりが痛むことが多いです。
例えば古い硬くなったゴムを伸ばすと、ひび割れたり切れたりするように足底筋膜が硬くなって伸び縮みしにくくなると、衝撃を受けた時にひっぱられて痛みを感じるのが足底筋膜炎です。

足底筋膜炎は、写真のかかとの前にある赤い丸あたりに一番症状が出やすいです。また、赤い×印のついている土踏まず、かかとの内側や外側にも症状がでることが多いです。

原因

仕事やスポーツなどで足を酷使していたり、歩きすぎや硬い床の上に長時間立つことで足に負担をかけ、足の裏の筋肉が硬くなることが原因です。
からだがゆがんでいたり姿勢が悪いことも足に負担をかける原因です。
足のアーチが低下することで発症することもあります。

どんな人に多いのか

主にあまり運動経験がない40代以降の人に多くみられます。若い世代でもスポーツ選手に多いです。
40代以降の足底筋膜炎は加齢によるものがほとんどですが、ウォーキングなど日頃から運動をしている方はなりにくいです。
マラソンやサッカーなど長距離を走るスポーツをしている人、長時間立ち仕事をしている人など足の使いすぎで発症します。

足に合っていない靴を履いていることが原因で起こることもあります。

他にも太っている人、腰やひざが弱い人、O脚X脚の人、扁平足やハイアーチ、猫背の人、足首の硬い人など、足に負担をかけてしまい発症することもあります。

病院での対処法

医師からは安静にして湿布を貼るよう言われることが多いです。
テーピングやサポーター、インソールで負担を軽減しながら様子をみます。
痛み止めを処方される場合もありますが、痛み止めは神経を麻痺させ一時的に痛みを感じないようにしているだけなので足への負担は変わりません。
それでもよくならない場合はステロイド注射をうちます。一般的ではないですが手術をする場合や体外衝撃波疼痛療法という尿路結石を除去する装置と同じもので治療する場合もあります。

痛みや症状の部位が原因ではないことが多いんです

痛みや症状が出て病院でレントゲンやMRIを撮ると「骨が曲がっています、神経が圧迫されています」と言われますが痛みがない状態でも撮ってみると曲がってたり神経が圧迫されたりしている方もおられます。

ただ痛みや症状がでるまで気付かなかっただけの方が多く、気づかないうちに徐々に負担がかかり限界にきてしまって痛みや症状が出てしまっている方が多いです。

その場しのぎの治療を続けていませんか?

いくら気持ちいいからといってマッサージしてもらったり、病院で出されたお薬を飲み続けても、原因を良くしようとしてないのでその場しのぎになることが多いです。

悪いところを治そうとする機能が治ってない体は筋肉が硬くて正常な動作ができないだけではなく、体の中でも内臓や神経が正常に働くことができずに血液や神経の流れが悪くなって循環や代謝は良くならず効果を感じることは少なくなります。

なので、体を正常に働くように治して循環や代謝を良くすることが一番大事なことになります。

運動や筋トレよりも先にすることがあります。

まず、体のゆがみを重視しなければいけないことをほとんどの方が気づかれていません。

そこが一番の落とし穴になっている方が非常に多いのが現状です。

体のゆがみは悪い生活習慣や悪い使い方のクセが見える形で出ているので、実はどういう姿勢を多くしているのか非常に分かりやすいのです。

まずは、からだを整えてから運動や筋トレをしたほうが効果は高いですし効率も良くなります。

そのため、当院では第一段階としてゆがみを根本からとることを重要視しています。

体の歪みを矯正することで、姿勢が良くなり体の機能が正常に働くことできるようになります。

1.骨格の歪み・筋肉のバランスを整える

『根本原因の改善』

体のゆがみがある状態では何をやっても効果はありません。

まず、根本原因を改善するために、徹底的に痛みや症状を丁寧な検査によって見極めることで短時間で最小限の施術なのに効果がでます。
骨を『バキバキ・ボキボキ』したり、マッサージ等で過度に『強い』施術をしません。
当院独自の無痛整体で、患者様に負担・ストレスがかからないよう、『丁寧な施術』を心がけて行います。

2.バランスの取れた体をなじませる

『本来の状態を体に覚えさせていきます』
骨格の歪みや筋肉を整えると症状は改善してきます。

 

しかしそのまま放っておくとすぐに日常の悪いクセや使い方によって体は歪んで悪い状態に戻っていきます。

そのために本来の何も不調のない状態を体に覚えさせていく期間が重要になってきます。その際症状に応じて回数や頻度などをご提案していきます。

 

無理なく通えるようにご相談しながら決めていきますので、安心してください。

3.他では教えてもらえない再発を予防するセルフケアを指導

『日常生活の改善点やセルフケア方法を分かりやすく指導』
当院の施術で、背骨や骨盤のゆがみを治して良いクセを身に着けていくことが非常に重要になってきますが、施術を受けられて症状がやわらいでもまた、再発しないようにしていかなければいけません。

 

なかなか頻繁に来れない方やメンテナンスですむ症状の方にも当院でしか教わることのできない簡単で効果のあるセルフケアをお伝えします。

 

めんどくさがり屋のあなたでも「こんなことで良いんだ」と思うほど楽で簡単な体操が予防やセルフィケアに効果絶大です。

現在も整形外科と提携していますので必要に応じてご紹介することができます。

院長あいさつ

「ホントに良くなるなんて」と言っていただけるのが生きがいです。

当院のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。
院長の土田晃久です。

「病院に通院したけど良くならなくて手術といわれたり、いろんな治療院に行ったけど良くならない」そんな想いで悩んでいる方こそ当院に来ていただきたいと思っています。

体に痛みや不調が出るのには必ず「原因」があります。またその痛みや不調は今まで気づかない間に体に無理をさせてきた「結果」であり、その原因はひとりひととり違ってきます。

日常生活やお仕事、性別、性格なんてひとりひとり違って当たり前です。10人いれば10通りの症状があります。

それなのに皆さんに他と同じことをしていても、当然良くなるものも良くなりません。
おひとりおひとりにあった注意点や運動セルフケアも違ってきます。

情報がたくさんあって、自分ひとりでなんとかできそうと思いますが、1度は専門家に頼ってみませんか?痛み・しびれといった不調を解消して『毎日を楽しく過ごしたい』方は、お気軽にご相談ください。
あなたのご来院を、心よりお待ちしております。
いつまでも、自分のやりたいことが、自由にできる体でいたいですよね。

 

つちだ整骨院 土田 晃久

※おひとりおひとり症状改善にむけて自信をもって一生懸命取り組んでおりますが、「初めてのところは不安だし心配だ…」「自分に合うかなあ…」という方もおられます。

そこで、「まずは気軽にお試しいただきたい!」という想いを込めて

思い切って毎月10名様限定の初回限定のキャンペーンを行っております。

ぜひこの機会に「根本改善整体」をお試しください。

※当日の空き状況やご予約はなるべくお電話でお問い合わせください。