メールボタン
お問い合わせボタン
HOME > 対応症状「脊柱管狭窄症」

脊柱管狭窄症

あなたはこんなことありませんか?

  腰にはりや違和感を感じる
  歩くと足が痛んだりしびれたりして歩けない
  前かがみになると楽になる
  つま先が持ち上がらない
  足に力が入りにくい

これらに当てはまる方は要注意です!
当院に、お気軽にご相談ください(^-^)


<症状>

放置し悪化させることのないように

この疾患の特徴的な症状は「間欠跛行(かんけつはこう)」です。
つまり、しばらく歩くと、だんだん足がしびれたり重くなったり、痛んだりして歩きにくくなります。座ったり前かがみになったり、しばらく休むとまた歩けるようになります。
腰が痛い、足が痛くて歩けないといった症状を年のせいだと、放置して悪化させないよう注意が必要です。


<原因>

神経が圧迫されて痛む

脊柱管狭窄症は椎骨、椎間関節、椎間板の変性によって脊柱管という骨のトンネルが
狭くなったり変形する病気です。
脊柱管とは、背骨の中を通る円筒状の空間をいいます。椎骨の中央には縦方向に
円い穴があいており、脊柱ではこれらの円が連なって骨に囲まれたトンネル状の空間をつくっています。この中に脊髄がおさめられており、外界の刺激から強固に保護されています。
椎間板がつぶれて広がったり、管を構成している椎間関節が変性して骨が肥厚したり、靭帯が厚くなるなどの減少が起こります。
多少の肥厚では神経に影響を与えることはありませんが、骨や靭帯の肥厚が極度に進むと、脊柱管が狭くなるため、神経が圧迫されて痛みが生じます。



<注意点>

自己診断は危険

症状が病的なものなのか自然に治るものなのかは病院で検査を受けた方が正確に判別はできるでしょう。
しかし多くの方が受診をためらい不快な症状と不安を抱えつつ日々を送っておられます。
また、「疲れているから」と思ったり「年だから仕方ない」
とあきらめている方も多いのではないのでしょうか?

また、中高年以上の方が多くみられることから、加齢からという原因と考えられることも多いようです。

そのことに安心して病気を見逃し、早期に適切な治療を受ける機会を逃してしまう方も多くみられます。様々な原因が考えられますが、早期に治療した方が仕事や日常生活が楽でスムーズになられる方が多いです。

以前から気になる症状がありましたら、病院に行く前に一度お問い合わせご相談承ります。
お気軽にご相談ください。


<当院の施術・治療>

骨盤や背骨を中心に体を整えます

当院の施術は驚くほど痛みがなくマッサージもほとんどしないので、多くの方に本当に不思議だと言われます。

からだは常に日常生活の使い方のクセがついていきます。
それが徐々に積み重なっている事に気付かずに痛みや不調が急にあらわれたように感じます。

身体の悪いクセを良くすることで自然にからだは楽になります。
からだを本来の楽な姿勢に戻るように手助けをする施術なので無理にからだを捻ったり、強くもんだりすることはしません。
緊張がないときほど、からだにやさしく少し刺激をあたえることで関節が動きやすくなり姿勢が良くなっていきます。

当院は、「痛みのない不思議な施術でバランスを整える」ことで、 カラダに負担がなく様々な不調を改善する整骨院です。

どこにいっても良くならなくてお困りの方は、ぜひ京都「つちだ整骨院」の整体をお試しください。

お問い合わせについて

お問い合わせボタン


ページトップに戻る