メールボタン
お問い合わせボタン
HOME >「顎関節症」
口を開けたりご飯を食べるのもつらい
歯医者やマウスピースをしても良くならない顎関節症が
なぜ?痛くない施術で良くなるのか?

顎関節症(がくかんせつしょう)

顎関節症

あなたはこんなことありませんか?

  口を大きく開けられない
  口を大きく開け閉めすると音が鳴る
  口を完全に閉じることができない
  噛みあわせが悪い
  噛みあわせが急に変わった
  固いものを噛むと痛む
  よくあごがはずれるような感覚がある
  よく肩がこる
  最近頭痛やめまいがよく起こる
  顔がゆがんできた気がする
  しゃべりにくい
  さ行、が行、ら行が言いづらい
  食べ物が飲み込みにくい

ひとつでも当てはまる方は、ぜひ一度ご相談ください。
その場しのぎのマッサージではなくご自身のカラダを見直して、毎日楽しくて楽な生活ができるように
お手伝いしますよ(^-^)

『顎関節症改善例はこちら』

患者様の喜びの声

周りの人に音が聞こえるぐらいだったのが改善

T・S様 女性

顎関節症で顎がガクガク鳴っていたのが魔法の様に治りました。先生には感謝でいっぱいです。





※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません


姿勢が良くなりあごも改善

T・S様 男性

姿勢が真っ直ぐになりました。アゴも治りました。






※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません


顎関節症とは

あごの関節の周りで何らかの要因で痛みや機能低下が起きることをいいます。
2人に1人の割合で発症し、最近では若い世代の女性に多くみられる症状です。
顎関節症の代表的な症状は,
①「あごが痛む(顎関節痛)」
 痛みの特徴は口を開けようとすると出現します。痛む場所は耳の前の     顎関節部であったり、その周辺の筋肉(こめかみ・ほほ・くび・下あご)   の場合もあります。あごを動かさなくても痛みが出たり、じっとしていて   も痛むような時間は数日だけにみられる方が多いです。口を開けるとき以   外にもあごを横や前に動かしたり、硬いものをかんだときにも痛みます。
 触ったり押さえたりするのも痛む場合があります。


②「口が開かない(開口障害)」
 
一般的に症状が始まる頃が一番口があけにくく、場合によっては指一本分   の幅しか開かなくなることもあります。でも完全に上下の歯が接触するほ  ど開かなくなることはないでしょう。
  症状がない時は、人によって口の大きさは様々ですが自分の指先が縦に
  3本入るくらいが一般的です。


③「あごを動かすと音がする(顎関節雑音)」

  関節雑音にはクリック音とクレピタス音があります。
  クリック音(弾撥音)はバキッ・パキッ・コキコキ・ガクガクという感じ   の乾いたはじけるような音で、クレピタス音(軋轢音)はギシギシ・ザラ  ザラ・ミシミシ・ゴソゴソという感じのこすれるような音です。
  ひざや指の関節がなるようにあごで感じるのですが、耳のそばだけにすご  く大きな音に感じたり、異常だと感じてすごくビックリされる方もおられ
  ます。

このうち一つ以上の症状があり、鑑別診断で他の疾患がない病態を
「顎関節症」
といいます。 


どんな人に多いのか

10代半ばから増えはじめ、20~30代がピークです。
男性の2~3倍の割合で女性に多くみられます。
女性に多い理由ははっきりとはわかりませんが、女性の方が筋肉の緊張やストレスに対しての感受性が高く痛みに敏感で健康に関する関心が高い。
男性よりも骨格や靭帯が弱い
女性ホルモンに関係があるという説もある
子供の顎関節症も増えている
原因は大人と同じでストレスや噛みあわせの悪さなどが挙げられる。


病院での対処法

癖を自覚してやめよう言われ、痛みの軽減のために患部を温めたり冷やしたりして様子をみます。
電気刺激やマッサージをすることもあります。
痛みどめを処方されたり、筋肉を痛めて固まっている場合は筋弛緩剤を用いり症状を緩和する場合もあります。
ストレスなどが原因の場合は抗不安薬や抗うつ薬、睡眠剤を使用する場合もあります。

関節内に強い炎症がある場合は針を刺して患部を洗い流す関節腔内洗浄療法を行うこと場合があります。
関節円板と骨の癒着がある場合はそれをはがす関節鏡手術を行います。

セルフケアでは口がよく開くようにするために、口を開けたりあごを動かす訓練をします。
他にもスプリントという歯列を覆う装具を装着して、顎関節や筋肉の負担を軽減することで歯ぎしりや食いしばりを緩和する方法もあります。


原因

ストレスや力仕事、集中しているときなど無意識に歯をカチカチ鳴らしたり、食いしばったり、歯ぎしりなどをすることで、筋肉を緊張させて顎関節に過度の負担をかけ、ダメージを与えることが最も大きな原因といわれています。

また左右どちらか一方でばかり噛む癖、うつぶせ寝、頬杖をつく癖、あごの下に電話をはさむ、猫背、悪い噛みあわせなど、日常生活での癖や習慣が原因になっていることもあります。

歯の治療などで大きく口をあける、あごや頭頸部を強く打って顎関節で靭帯を損傷したときなども原因になります。

若年層の女性に多くみられるようになったのは、現代の食生活は柔らかい食べ物が多くなり、噛む力が弱くなっていることが原因だといわれています。


『 歯医者の先生にも喜ばれている施術です 』

施術後姿勢が良くなったことがはっきり体感できました

石割裕三様 48歳 歯科医師

仕事で無理な姿勢を毎日続けていて、腰痛や頭痛に悩まされていました。
何件か整体・マッサージに通ったことがありますが、施術を受けているときは気持ちよいのですが、家に帰るとすぐ元の症状に戻ってしまうの繰り返しでした。
土田先生は今回母の紹介で施術していただきましたが、
施術後姿勢が良くなったことがはっきり体感できました。
その日の晩はよく眠れました。
これまで真っ直ぐ立つことがしんどかったのに、
楽に正しい姿勢が保てることにおどろいています。

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

<改善を早めるために>

姿勢やクセを見直しましょう

頬杖や猫背をやめる
長電話をせず早めに切り上げる
うつ伏せでの読書をやめる
スマホのゲームを控える
長時間の同じ姿勢での作業には休憩をはさむ
ストレスの発散を心掛ける
ストレッチや体操などで体をほぐす
固いものを食べすぎない
からだを冷やさないようにする
高いまくらで寝ないようにする

少し控えたり注意するだけで痛みが治まったり予防につながります。
それでもやっぱり良くならない我慢できないときは、当院へご相談ください
(^-
^)

<当院の施術・治療>

骨盤や背骨を中心に体を整えます

当院の施術は驚くほど痛みがなくマッサージもほとんどしないので、多くの方に本当に不思議だと言われます。

からだは常に日常生活の使い方のクセがついていきます。
それが徐々に積み重なっている事に気付かずに痛みや不調が急にあらわれたように感じます。

身体の悪いクセを良くすることで自然にからだは楽になります。
からだを本来の楽な姿勢に戻るように手助けをする施術なので無理にからだを捻ったり、強くもんだりすることはしません。
緊張がないときほど、からだにやさしく少し刺激をあたえることで関節が動きやすくなり姿勢が良くなっていきます。

当院は、「痛みのない不思議な施術でバランスを整える」ことで、 カラダに負担がなく様々な不調を改善する整骨院です。

どこにいっても良くならないあごの悩みでお困りの方は、ぜひ京都「つちだ整骨院」の整体をお試しください。

HPをごらんいただいた「あなただけ」に特典があります!

毎月、先着20名様限定で「ホームページ見ました!」とご予約いただくと、初見料の3000円が、なんと「無料!」

あなたに1度、私の整体をお試しいただきたいので、思い切って「初見料」を無料とさせていただきました。
※いつまでこの特典をお付けできるかわかりません。ご了承くださいませ。
※別途施術料はかかります。

全身バランス整体
(初回)8000円 → 5000円(税込
2回目から
5000円

追伸

1回だけでも効果はありますので、ぜひお気軽につちだ整骨院の技術を
体験してみていただけたらと思います。

皆さん首をかしげて不思議そうな顔で
「あれっ!さっき痛かった動きが痛くない」そういう声が多いです。

1度施術を受けていただいて、気に入っていただけたら、一緒によくしていきましょう(^_^)

姿勢・筋肉・骨格のバランスを調整して、
その場しのぎの対症療法ではなく、不調にならない体づくりをする他にはない整骨院です。
重かったからだがスウ―と軽くなり日常生活が楽になりますよ。

つちだ整骨院 土田 晃久

地図情報

お問い合わせについて

電話番号 0774-26-6881

<予防>

生活のリズムを整える工夫

●睡眠と食事の生活リズムを整えていきましょう。
24時間というう時間の中で自律神経が活動するリズムを上手に切り替えていくことが大切になってきます。
体の様々な機能を促進する「交感神経」と抑制する「副交感神経」を上手に切り替えていきましょう。

●ストレスは上手に解消しましょう

忙し時ほど休息が大切です。でも世の中忙しい方が多いですね。
ストレス解消は人それぞれいろいろあると思いますが、医師に禁止されたり体が動くのも辛いことがない限り、適度な運動を行っていきましょう。少しでも楽しみを見つけて時間をつくり気分をリフレッシュさせましょう。

●入浴で心身リラックスしましょう。

入浴には筋肉の緊張をほぐし全身の血行を良くする効果があります。シャワーを浴びるだけでなくぬるま湯にゆっくりつかってリラックスしましょう。

●たばこやお酒でストレス解消は避けましょう。
お酒は量が多いと感情がコントロールできなくなったり、神経がマヒしたり、平衡感覚が低下してしまいます。たばこは血管を収縮させ血流を悪くします。血流生が悪くなれば酸素がいきわたらなくなりめまいが起こる原因になってきます。

●食事はビタミンをとりましょう。
いろいろある栄養素の中でもビタミンB群がめまいや耳鳴りを軽くするのに役立つと言われています。ビタミンB12には神経の代謝を促す作用があり治療薬でも使われている栄養素です。また体の機能を整えるはたらきもあります。

●カフェインや香辛料はできるだけ控えましょう。
カフェインは神経を刺激して興奮させる作用があます。不安感が増すこともあるので控えていきましょう。

お問い合わせボタン


ページトップに戻る