メールボタン
お問い合わせボタン
HOME >「フライバーグ病」
足の中指や薬指の付け根部分が痛む
足に不快感や違和感がある
その悩み、お気軽にご相談下さい。

『 フライバーグ病 』

フライバーグ病とは

フライバーグ病は足のほぼ真ん中にある中足骨骨頭(ちゅうそくこつこっとう)が変形する骨端症です。成長期の子供、特に10~16歳前後の女子に多くみられます。先が狭いパンプスを常用する成人女性にも見られることがあります。
歩行時に最も圧力がかかるとされる第2中足骨に起こりやすいですが、第3中足骨、まれに第4中足骨にも起こります。

症状

・足に不快感、違和感がある
・歩くと痛む
・足の中指や薬指の付け根部分を押すと痛い
・足の中指や薬指の付け根が腫れる

原因

中足骨骨頭に繰り返し負荷がかかることが原因です。また、サイズの合っていないくつや、ヒールのあるくつを履き続けることで、血行が悪くなり、循環障害が起きることも、原因のひとつであると考えられています。

関連記事・コラム

<当院の施術・治療>

骨盤や背骨を中心に体を整えます

当院の施術は驚くほど痛みがなくマッサージもほとんどしないので、多くの方に本当に不思議だと言われます。

からだは常に日常生活の使い方のクセがついていきます。
それが徐々に積み重なっている事に気付かずに痛みや不調が急にあらわれたように感じます。

身体の悪いクセを良くすることで自然にからだは楽になります。
からだを本来の楽な姿勢に戻るように手助けをする施術なので無理にからだを捻ったり、強くもんだりすることはしません。
緊張がないときほど、からだにやさしく少し刺激をあたえることで関節が動きやすくなり姿勢が良くなっていきます。

当院は、「痛みのない不思議な施術でバランスを整える」ことで、 カラダに負担がなく様々な不調を改善する整骨院です。

どこにいっても良くならないあごの悩みでお困りの方は、ぜひ京都「つちだ整骨院」の整体をお試しください。

HPをごらんいただいた「あなただけ」に特典があります!



あなたに1度、私の整体をお試しいただきたいので、思い切って「初見料」を無料とさせていただきました。
※いつまでこの特典をお付けできるかわかりません。ご了承くださいませ。
※別途施術料はかかります。

全身バランス整体
(初回)8000円 → 5000円(税込
2回目から
5000円

試しに1回だけ受けてみたいというのも、もちろんOKです!

追伸

1回だけでも効果はありますので、ぜひお気軽につちだ整骨院の技術を
体験してみていただけたらと思います。

皆さん首をかしげて不思議そうな顔で
「あれっ!さっき痛かった動きが痛くない」そういう声が多いです。

1度施術を受けていただいて、気に入っていただけたら、一緒によくしていきましょう(^_^)

姿勢・筋肉・骨格のバランスを調整して、
その場しのぎの対症療法ではなく、不調にならない体づくりをする他にはない整骨院です。
重かったからだがスウ―と軽くなり日常生活が楽になりますよ。

つちだ整骨院 土田 晃久

地図情報

お問い合わせについて

電話番号 0774-26-6881

<予防>

生活のリズムを整える工夫

●睡眠と食事の生活リズムを整えていきましょう。
24時間というう時間の中で自律神経が活動するリズムを上手に切り替えていくことが大切になってきます。
体の様々な機能を促進する「交感神経」と抑制する「副交感神経」を上手に切り替えていきましょう。

●ストレスは上手に解消しましょう

忙し時ほど休息が大切です。でも世の中忙しい方が多いですね。
ストレス解消は人それぞれいろいろあると思いますが、医師に禁止されたり体が動くのも辛いことがない限り、適度な運動を行っていきましょう。少しでも楽しみを見つけて時間をつくり気分をリフレッシュさせましょう。

●入浴で心身リラックスしましょう。

入浴には筋肉の緊張をほぐし全身の血行を良くする効果があります。シャワーを浴びるだけでなくぬるま湯にゆっくりつかってリラックスしましょう。

●たばこやお酒でストレス解消は避けましょう。
お酒は量が多いと感情がコントロールできなくなったり、神経がマヒしたり、平衡感覚が低下してしまいます。たばこは血管を収縮させ血流を悪くします。血流生が悪くなれば酸素がいきわたらなくなりめまいが起こる原因になってきます。

●食事はビタミンをとりましょう。
いろいろある栄養素の中でもビタミンB群がめまいや耳鳴りを軽くするのに役立つと言われています。ビタミンB12には神経の代謝を促す作用があり治療薬でも使われている栄養素です。また体の機能を整えるはたらきもあります。

●カフェインや香辛料はできるだけ控えましょう。
カフェインは神経を刺激して興奮させる作用があます。不安感が増すこともあるので控えていきましょう。

お問い合わせボタン


ページトップに戻る