information

メールボタン
お問い合わせボタン
ホーム > ブログ・ホーム > 肩こり > 「肩こりが治らない」の原因は枕にあるかも?その原因と対策をご紹介

「肩こりが治らない」の原因は枕にあるかも?その原因と対策をご紹介

2018年6月6日

なかなか治らない肩こりに悩まされている方は多いですよね。
デスクワークが多い、年を取ってきているから仕方がないなどなかば諦めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ですが、整体等をおこなって少しでも症状が和らぐと楽になりますよね。
実は、肩こりの原因は使っている枕にあるかもしれないんです。

今回は、肩こりと枕の関係をご紹介します。

■そもそも肩こりとは

肩こりは、肩や肩に繋がっている首の後ろの筋肉が硬直し、血行が悪くなって固まっている状態です。
筋肉が酷使された際、長時間のデスクワークで特定の筋肉が収縮された際などが、筋肉の硬直を引き起こしやすく、肩こりに繋がります。

そのため、肩こりを和らげるためには、肩回りの筋肉に負担をかけないことが必要になります。

■枕によって肩こりがひどくなっている原因

人間にとって、立っている姿勢が理想の寝姿です。
そのため、高さのある枕や、柔らかすぎて寝ているとき頭部を支えられない枕が、肩こりの原因となります。

寝ても疲れが取れない、という方は枕に原因があることも疑ってみてはいいのではないでしょうか。

■まとめ

今回は、肩こりと枕の関係についてお話ししました。

肩こりには様々な原因があり、これはあくまでも一因にすぎません。

ですが、ひとつひとつ見直していくことによって、楽になっていくことでしょう。

肩こりでお悩みの方は、こちらもご覧ください。
https://tsuchida-seikotsu.com/katakori.html


 

関連記事

 

contact_banner

contact_banner

time

line_banner

PageTop