メールボタン
お問い合わせボタン
HOME >「投球障害・野球肩」

『 投球障害・野球肩(インピンジメント症候群) 』

投球障害・野球肩とは

野球肩といわれる中で一番多いのはインピンジメント症候群(衝突病)です。
腕を回したり上げたりするときに働く肩の腱板という組織が、まわりの骨や靭帯とぶつかって痛みがでる症状です。
肩を使うスポーツで発症することがあり、特に野球の投球動作でよく起こることから野球肩とも呼ばれます。


症状

・肩を動かすと痛みがある
・肩が急に引き裂かれたような感覚がある
・腕を横から上げることができない
・腕を動かす時にゴリッと音がしたり、カクッやコリッなどの感覚がある
・腕を降ろしていたり、下にして横たわったりすると痛みがある
・じっとしていてもと肩に痛い、だるくなる
・肩を回したり、ひねったりすることができない


原因

肩の使いすぎや偏った動作で、徐々に肩の関節にぶれがでてくることが原因です。
関節のぶれによって、普通はぶつからない腱板とまわりの骨や靭帯が衝突するようになることで痛みが出てくるようになります。


主にバレーボールのスパイク・野球やハンドボールや水球のなどの肩をよく使うスポーツで発症することが多いです。水泳やテニスでも発症します。


肩の特徴

からだの関節の中で最も大きな動きが可能な肩。
腕の動きはほぼ360度という大きな範囲で動かすことが可能な分、実は不安定な関節でもあり、酷使すると痛みが生じます。
不安定な関節を肩関節周囲の多くの筋や腱、靭帯、骨が絶妙なバランスの中で安定させています。
そのため外側からさわれる筋肉(アウターマッスル)が大きくなってたくましくなっても、内側のさわることのできない筋肉(インナーマッスル)が強く柔軟性がないと、しっかり安定した関節にはなりません。


<当院の施術・治療>

骨盤や背骨を中心に体を整えます

当院の施術は驚くほど痛みがなくマッサージもほとんどしないので、多くの方に本当に不思議だと言われます。

からだは常に日常生活の使い方のクセがついていきます。
それが徐々に積み重なっている事に気付かずに痛みや不調が急にあらわれたように感じます。

身体の悪いクセを良くすることで自然にからだは楽になります。
からだを本来の楽な姿勢に戻るように手助けをする施術なので無理にからだを捻ったり、強くもんだりすることはしません。
緊張がないときほど、からだにやさしく少し刺激をあたえることで関節が動きやすくなり姿勢が良くなっていきます。

当院は、「痛みのない不思議な施術でバランスを整える」ことで、 カラダに負担がなく様々な不調を改善する整骨院です。

どこにいっても良くならなくてお困りの方は、ぜひ京都「つちだ整骨院」の整体をお試しください。


HPをごらんいただいた「あなただけ」に特典があります!

毎月、先着20名様限定で「ホームページ見ました!」とご予約いただくと、初見料の3000円が、なんと「無料!」

あなたに1度、私の整体をお試しいただきたいので、思い切って「初見料」を無料とさせていただきました。
※いつまでこの特典をお付けできるかわかりません。ご了承くださいませ。
※別途施術料はかかります。

骨盤矯正 (初回)6000円  →  3000円 (税込)
全身バランス整体
(初回)8000円 → 5000円(税込)
2回目から
骨盤矯正     →  3000円
全身バランス整体 →  5000円

試しに1回だけ受けてみたいというのも、もちろんOKです!


追伸

1回だけでも効果はありますので、ぜひお気軽につちだ整骨院の技術を
体験してみていただけたらと思います。

皆さん首をかしげて不思議そうな顔で
「あれっ!さっき痛かった動きが痛くない」そういう声が多いです。

1度施術を受けていただいて、気に入っていただけたら、一緒によくしていきましょう(^_^)

姿勢・筋肉・骨格のバランスを調整して、
その場しのぎの対症療法ではなく、不調にならない体づくりをする他にはない整骨院です。
重かったからだがスウ―と軽くなり日常生活が楽になりますよ。

つちだ整骨院 土田 晃久


地図情報


お問い合わせについて

お問い合わせボタン


ページトップに戻る