メールボタン
お問い合わせボタン
HOME > 「むちうち」

『むちうち』

『 外傷性頸部症候群(むち打ち症) 』

あなたはこんなことありませんか?

  交通事故で追突されてしばらくしてから首がつらい
  頭痛・吐き気・めまいがしてつらい
  急に肩がこるようになった
  くびを動かすとすごくつらい
  からだのあちこちが不調に感じる
  視野が狭く感じたり目の疲れを感じる
  なかなか寝つけない
  けん引や電気をあてても良くならない



追突事故、ラグビーやスキーなどのスポーツによる頸椎への代表的な外傷は、外傷性頸部症候群、いわゆるむちうち症と言われたり、むちうち症の後遺症であるバレリュー症候群と言われたりします。

ひとつでも当てはまる方は、ぜひ一度ご相談ください。
その場しのぎのマッサージではなくご自身のカラダを見直して、
毎日楽しくて楽な生活ができるようにお手伝いしますよ(^-^)

→症状改善例はこちらをクリック

<症状>

急性期の処置が大切

「外傷性頸部症候群」というのは、よく頸部捻挫、むちうち症などと呼ばれています。自動車の追突事故など、首の外傷によって起こります。

「むちうち症」は大きな衝撃を受けることで、頸部が前後(または左右)に急激に大きくしなることで起きる筋肉や靭帯の損傷です。
ほとんどの場合、適切な治療を受ければ、3ヵ月程度で治癒します。しかし、なかには頸椎骨折を認めたり深刻な後遺症であるバレリュー症候群が残ることもあります。
外傷性頸部症候群の症状は、頸部への衝撃の度合いなどで、事故直後からあらわれることもありますし、そのときはなんでもなくても翌日に出てくることもあります。

軽度の場合は、損傷は筋肉だけで、事故後数時間から1日後に首が動かしにくい、肩こりがする、動くと痛みがあるなどの症状がみられます。
事故の衝撃が大きいと、損傷は靭帯にも及び、事故直後から激しい痛みがあり
しだいに後頭部や肩、腕にも痛みが広がっていきます。強い痛みは数日でほとんど治まりますが、その後、全身の倦怠感、頭痛、吐き気、耳鳴りなどの痛み以外の症状が、1ヵ月ほど続くことがあります。脊髄に損傷が及ぶと、歩行障害、排尿障害が起きることもあります。

症状を長引かせないためには、事故直後に症状があらわれた場合はもちろんのこと、その場で痛みがなくとも、必ず当院にご相談されるか整形外科を受診するようにしましょう。

<適切な治療が必要>

初期に正しい処置を

むちうち症は、適切な治療を行うことによってほとんど改善しますが、初期に正しい処置と治療をしないと、後遺症が残る場合があります。
むちうち症を発症してから1週間は、安静にしていることが大事ですが、できるだけ早いうちに治療をしていくことをおすすめします。
寝るときには、横向きに寝ると首への負担が少なくてすみます。

一般的に病院などで受診すると、起きているときには首に頸椎カラーをつけ、頭部が動かないように固定して下さいと指示を受けることがあります。ただし、頸椎カラーの使用は長くても1~1ヵ月半にとどめてください。あまり長い間、固定して動かさないでいると、頸椎の筋力低下などにつながり、かえって痛みや肩こりが長期化する原因となります。
こうした安静のほか、消炎鎮痛薬、筋弛緩薬などの薬を処方されることもあります。
数日経って痛みが引いてきたら、蒸しタオルなどで患部を温めて血行を促します。湿布の場合は、温湿布、冷湿布どちらでもかまいません。
軽度から中等度のむちうち症では、こうした家庭や医療機関での適切な治療によって、2~3週間で日常生活を送れるようになり、長くても3ヵ月以内に治癒します。


事故などで衝撃を受けた時には、なんともなかったけど数日してから痛くなってくるというケースが良くあります。それは骨に近い深い部分が傷つくと、傷口が広がり安定性がなくなった状態になり痛みがでてくるという感じなので早めに受診することが大切になってきます。


負担金0円

交通事故でのケガの場合、基本的に治療に
かかる患者様の
負担金は0円 です。
症状が改善するまで、しっかりと治療することができます。


『患者さんの喜びの声』

『病院では治してくれない症状を数々治していただきました。』

麻田礼子様 31歳 主婦

交通事故による右肩、右腕、左膝にだるさと痛みがありました。頭痛も続いていたので薬を飲んでいましたが効果がみられませんでした。整形外科では機械を使った治療だけだったり、マッサージをするだけで、治療の効果を感じることはありませんでしたが、本当にびっくりするぐらい効果がはっきりわかり、症状が改善していきます。薬に頼らないアドバイスをたくさんいただける治療です。整形外科や整体など、他の病院とは違った治療で、薬を飲んでも治らなかった頭痛が治ったり、眠るときの胸の締め付けなど病院では治してくれない症状を数々治していただきました。体の不調や痛みは体の歪みよって出てきていることがわかっただけでなく、メンテナンスをしていくことで、健康な体を維持していく大切さも実感できました。1つひとつ丁寧に説明や、対処法を教えてくださったり、自分自身がわかっていない体の不調を発見して治してくださる先生のこころざしの高さに感謝しています。

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

『首が回らなくてめまいや吐き気、頭痛までしていたのに改善』

男性 30代 会社員(事務)


※来院される前はどのような症状でお悩みでしたか?
めまいや吐き気、頭痛など最悪のじょうきょうでした。

※数ある治療院・接骨/整骨院の中で当院を選ばれた理由は?
ネットなどの口コミを見てすがる思いで来ました。

※当院は他の病院や整形外科、整体、接骨/整体院に比べてどういったところが違いますか?

1つ1つていねいに話をしてくださったり、1回行っただけでも体に違いがでたのでとても嬉しかったです。

※治療前と治療後(現在)を比べてどんなところが変わりましたか?

体のだるさやめまいがなくなり、姿勢もよくなりました。足も組まなくなっていい姿勢を意識できています。

※なんでも自由で結構なのでメッセージをお願いします。

本当に来てみて良かったです。めまいもなくなり良かったのと首が動かせるようになって嬉しかったです。私生活や仕事への意欲も変わってきている気がします。今後も体のメンテナンスをしていただけると思うとありがたいです。



<バレリュー症候群>

バレリュー症候群であらわれる主な不定愁訴

「バレリュー症候群」は、むちうち症が自律神経に影響して、頭痛、めまい、吐き気、顔の痛みやほてり、耳鳴りや難聴などの聴覚障害、視力低下や視野狭窄、眼精疲労、目の痛みなどの視覚障害、動悸など、幅広い症状があらわれます。とくに顔にあらわれる症状が多いのが特徴です。

さらに、全身の倦怠感、脱力感、疲労感、不眠などのストレスからくる精神的症状を発症することもあります。
頸部外傷のあとにこのような症状が強くあらわれたら、バレリュー症候群を疑って下さい。

当院で首や頭の調整をすることで楽になる方が多いので、病院で受診して異常がなかったのに症状がなかなか良くならないようでしたら、ぜひ一度ご相談ください。


交通事故

交通事故でケガをした時は当院にご相談ください。
気を付けているつもりでも、突発的に起こってしまうのが交通事故。
事故に遭った時に首を痛めてしまった。膝をぶつけて
しまった。などの症状も当院で治療することができます。

保険会社とのやりとりなども当院にお任せください。
本当は起こらない方がいいのですが、万が一事故に遭ってしまった
ときの為に当院で治療ができることを覚えておいてください。
他院で治療しているが、なかなか良くならないと感じている方も一度ご連絡ください。


事故に遭ってしまったら・・

実際に事故に遭ってしまった時は、興奮状態でなかなか冷静な判断ができないものです。
あとから体の痛みを感じることも少なくありません。
ここで事故に遭ったときにやるべきことをご説明します。

①警察に連絡する
警察に現場検証をしてもらいましょう。

②相手の確認
・相手の氏名、住所、連絡先の確認
自賠責保険(共済)、自動車保険の会社(組合)名、証明書番号など
加害車両の登録ナンバー
勤務先と雇主の住所、氏名、連絡先

③目撃者の確保
事故を目撃した第3者がいれば、氏名や連絡先を聞いておきましょう。

④保険会社に連絡
事故後できるだけ早く、加入している保険会社に連絡しましょう。
同様に相手にも連絡をしてもらいましょう。


⑤医師の診断を受ける

その時体の痛みがなくても、必ず病院に行って医師の診察を受けてください。
その際必ず診断書を作成してもらいましょう。

⑥つちだ整骨院を受診する
受診の際は「つちだ整骨院に通います」と保険会社に連絡してください。


負担金0円

交通事故でのケガの場合、基本的に治療に
かかる患者様の
負担金は0円 です。
症状が改善するまで、しっかりと治療することができます。


こんなことでお困りではありませんか?

・交通事故でケガをしたが、どうしていいかわからない。
・病院に行ったけど、湿布と痛み止めの薬だけで何もしてもらえない。
・事故直後は何ともなかったが、少ししてから痛みがでてきた。
・治療費が心配。
・相手が保険に入っていなかった。
・つちだ整骨院に通いたいが、保険会社から他の医療機関を指定された


交通事故は初めてという方も多く、わからないことが多いのは当然です。
少しでも痛みを感じたら、できるだけ早く治療される
ことをおすすめします。
事故からあまり時間がたつと、負傷した部分と事故
との因果関係が認められないケースもあります。
早期改善のためにも、どうしたらいいかわからない
という時はぜひ一度ご相談ください。


お問い合わせについて


地図情報

お問い合わせボタン


ページトップに戻る