メールボタン
お問い合わせボタン
HOME > ガングリオン

症状のないガングリオン

ガングリオンって何?

ガングリオンはどろっとしたゼリー状のものが袋に溜まってできるこぶです。
原因は、はっきりわかっていませんが関節や腱の動きをよくする滑液をつくっている細胞に異常がおこり、ゼリー状の粘液がつくられ、袋に溜まっていくといわれています。
ガングリオンは20~50才で発症することが多いです。また、男性より女性の方が発症率が3倍高いです。とくに若い女性に多く、発症率は中年男性の2~3倍高いです。


悪性のもの?

ガングリオンは袋にゼリー状の粘液が溜まってできるこぶで、腫れているだけなので悪性のものではありません。
だんだん大きくなったり、小さくなったりすることもありますが、痛みなどがない場合は問題ありません。


基本的に症状はない

ガングリオンは気付かないほど小さいものや、目立つほど大きなもの、軟らかいものや硬いものなどありますが、できたからといって必ず痛みがあるわけではありません。


神経を圧迫する場合

症状は基本的にありませんが、大きなガングリオンや神経の近くにできた場合、神経を圧迫することがあります。神経を圧迫すると痛みやしびれ、麻痺などを引きおこすことがあります。ガングリオンができる場所によって症状が出る場所は変わります。


自分で潰さないで

ガングリオンの治療には袋に溜まった粘液を注射でとる治療や押して潰す方法などがあります。自分でできそうに感じますが、ガングリオンに針を刺して粘液を出すと細菌に感染し、化膿性関節炎になる可能性があります。
潰すことも簡単にできそうですが、ガングリオンができている場所によっては神経を圧迫し、障害をおこすことになりかねません。
何も症状がない場合でも気になったら病院で治療を受けて下さい。


関連記事・コラム


お問い合わせについて

お問い合わせボタン


ページトップに戻る